利用規約

1.自社で利用規約を作る必要性

ネットショップでは、パソコンやスマートフォンなどでサイト内の商品の写真や内容説明などを見て、簡単に買い物が行えるようになっています。その一方で、問題となりやすいのは、実際に届いた商品が「写真や内容説明と異なっていた」といった場合です。


返品・返金を求められた際、返品・返金にかかる送料・手数料をどうするのか、損害賠償を求められた場合にどのように対応すればよいのか。このような問題に対処する方法として、「利用規約」があります。
企業様の中には、利用規約を、他のサイトをコピーして作られる方は少なくないと思います。

 
しかし、コピーの元になった利用規約がきちんとしたものではなかった、ということもあります。また、企業様によって提供しているサービスは異なりますので、当然のことながら、想定されるリスクも企業様によってまちまちです。

 
利用規約を作る目的は、ウェブの作成者と利用者との間で、顔が見えないことで起こるさまざまなリスクを軽減することですが、コピーして作った利用規約では、実際にトラブルが起こったときのリスクをかえって広げてしまうかもしれません。

 

2.利用規約における重要なポイント

① 免責条項

利用規約で最も重要なのは、免責条項です。ウェブ企業の場合、ウェブを通じて集めた情報を誤って消去してしまったり、漏洩してしまったりという事態を想定しなければなりません。そのような事態が発生すると、莫大な損害賠償を請求され、会社が存亡の危機に立たされるということもあり得ます。


そこで、そのような事態に対して十分な対応をしておく必要があり、利用規約はそのための重要なツールとなり得ます。
 

② 名誉毀損・プライバシー侵害への対応

第三者が自由に書き込みできるウェブページを運営する場合には、第三者がウェブページ上で名誉毀損やプライバシー侵害を行うという事態を想定しなければなりません。その場合、被害に遭われた方としては、実際に名誉毀損やプライバシー侵害を行った者に対してだけでなく、ウェブページを運営している企業様にも、損害賠償請求をしてくる可能性があります。


そこで、利用規約においては、名誉毀損・プライバシー侵害行為が行われた場合のルールを定めておく必要があります。
 

③ 著作権への対応

著作権は、文章や、写真・イラストを作成したときに発生します。当然のことながら、ウェブ上の記載についても、著作権が発生します。そのため、無断で文章や写真・イラストを複製したり、改変したりすれば、著作権の問題が発生します。著作権に関する事項は、利用規約において必ず定めておかなければならないといえるでしょう。

 

3.弁護士の活用

利用規約は、貴社に合ったものをあらかじめ作っておくことで、今後起こりうるリスクを軽減でき、実際に問題が起きてしまった場合も、貴社の損害を最小限に食い止めるツールとなり得ます。

 
利用規約の作成やチェックを弁護士に依頼する場合、費用を心配される方も多くいらっしゃいます。費用に関しては、当事務所では、リーズナブルな料金で対応いたします。また、一定額以上で顧問契約を結んでいただいている企業様に対しては、利用規約のチェックは基本的に無料で行います。

 
利用規約の作成を検討されている場合、または自社の利用規約によりリスクが十分にヘッジされているかをチェックしてほしいという場合は、お気軽にご相談ください。

 

 

しぶや総和法律事務所について

IMG_68670002.jpg  

弁護士紹介

 

事務所紹介

 

弁護士費用

 

ご相談の流れ

 

アクセスマップ

   

しぶや総和法律事務所

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-10 世界堂ビル7階
電話 03‐6416-1933/FAX  03-6416-1943
電話受付時間 月曜日~金曜日(祝日除く) 9:30~17:00
時間外はこちらへ

TOPへ戻る
Copyright (C) しぶや総和法律事務所(渋谷駅徒歩5分) All Rights Reserved.